人類の生活に欠かせないキャッシング

キャッシングの起源は、紙幣経済が生まれる以前の、物々交換の時代にまで遡ります。
生きるために必要な物資をどのような方法で手に入れようとも、安定した生活物資の供給と財産の貯蓄はいつの時代にとっても挑戦です。
食料や財産、おまけに信用もないとなると、できないことのほうが多いでしょう。
例えばお金が存在しなかった時代では、食料がなければ収穫までの間生き延びられず、資産がなければ植えるための種さえ手に入れられません。
その際に、人類が行ってきた解決策が、物資や資金の前借であり、現在のキャッシングなのです。
食料を分けてもらうにしても、お金を借りるにしても、借り手は貸し手にいついつまでに必ず借りた物を返すと約束し、その返済時にはお礼の意味も込めて、少し色を付けて返していました。
この少し多めに返した分が利子にあたり、こうした持ちつ持たれつのwin-winの関係が、現在ではビジネスとして発達したのです。
また意外なことに、旧約聖書にさえ、ものを貸すなら、貸したものが返って来るまでは貸した相手から預かった財産を返すなという旨の記述があるのですから、どれだけ人類の歴史に身近なものであったかがわかります。
ちなみに日本のキャッシングは大阪が発祥の地と言われています。
この頃から無担保、無保証、即時融資を謳っていたのですから驚きです。
こうした歴史を知れば、単にお金の貸し借りだと思っていたものも、これまでとは違った見方ができるのではないでしょうか。