急な出費でも慌てないために

急な出費というのは誰にでもあるもので、冠婚葬祭や入院、子供の学費、寄付金などもあります。
以前ならばそんな場合、質屋というシステムが当たり前のように利用されていました。
ただ質屋の場合、審査は行われずその代わりに物品を質屋に渡して、それを担保にお金を借りるのです。
だから、担保として渡すものに見合った現金しか借りることができないのです。
逆に、高価なものを持っていない場合、大きな金額を借りることはできません。
その点、キャッシングは高価なものを所有しておく必要はありません。
金融会社は、利用者に現金を貸して大丈夫かということの確認を、利用者が、サラリーマンとして会社に勤めているかということで判断します。
いわゆるサラリーマン金融の言葉の始まりはここから来ています。
金融会社には、銀行もしくは銀行系金融会社と消費者金融系の会社があります。
どちらにもいいところがあり、利用者側がその時の状況でうまく使い分ければ良いと言われています。
一般的には、急いでいて審査に時間をかけている時間がない場合は消費者金融系の会社を選ぶべきであり、かたや時間的に少し余裕があるが金利を低めにした場合は、銀行系の会社を選ぶのが良いでしょう。